【渡韓日記】韓国のおすすめパック厳選3種。乾燥肌を今すぐレスキュー!

韓国土産にも人気のパック

「美容大国」のイメージが強い韓国。
韓国に行くときには、コスメを大量買い!という方も多いのではないでしょうか。
かく言う私も、大の韓国コスメ好き。韓国コスメは自分にとってはもちろん、友達へのお土産としても喜ばれます。

中でも韓国のパックは女友達へのお土産として非常に喜ばれる代物。
パックは薄くて持ち帰りやすく、かつ値段も高くないので”ばらまき用”のお土産として最適です。
とはいえ、韓国では日本以上に多くの種類のパックがあります。
正直どのパックがいいのか分からないですよね。

そこで今回は、韓国でのパック選びのコツとトレンド、
さらに、実際に使ってみてよかった韓国パックを超厳選して3つご紹介します。

韓国でのパックの賢い選び方

まず、私が韓国のパックを買うときに必ず気をつけていることを2つ。

製造年月日の記載があるか

1つ目は、パックのパッケージに製造年月日が記されているか
かつて韓国人に「製造年月日が書かれていないパックは良くないから、絶対見たほうがいい」と言われ、それ以来必ず見るようにしています。
製造年月日もしくは消費期限の記載は義務付けられているので普通は書かれているはずですが、
ごく稀に記載のない”まがい物”のパックが売られていることがあるそうです。(私が聞いたのは新大久保で、昔の話かもしれませんが。)

通常であれば、パックの裏側の一番下を見れば製造年月日が記載されています。
ハングルで「제조」と書かれていれば製造年、「까지」と書かれていれば消費期限です。
製造年月日が記載されていないパックは、かなり信頼性が弱いので購入しないようにしましょう。

いきなりセットでは買わない

2つ目は、いきなりの大量のセット買いはしないこと
韓国の多くのコスメ店で20枚、50枚の大量のシートマスクがセットになって売られてることがあります。
ストック用、お土産用に買うのには確かに便利なのですが、もしもお肌に合わなかったらもったいないですよね。
そのため、まずは数枚だけ買うようにしています。

どんなにいいパックだって、お肌との相性は人それぞれ。
まずは初日に気になるパックをそれぞれ数枚(10枚以内がベスト)買い、一度サンプルとして使ってみることをおすすめします。
滞在日数が足りない場合は、旅行前にネット通販などで購入した後に買いに行くのもアリ!
お気に入りが見つかったら、ぜひ大量にストックしてみてください^^

2017年最新の韓国パック事情

水分量の多いパックが人気!

ここ数年、韓国コスメのキーワードは「うるおい、保湿」。
パックも同様に多くの水分量を含んでいるものが好まれます。

韓国全体として、日本よりも「しっとり系」のパックが多い印象です。
日本ではあまり見かけないジェルパックはとくに人気で、私も韓国に行ったら必ず購入するアイテムです。

コスメストアよりもドラッグストアで買うのがツウ!

올리브영 공식계정さん(@oliveyoung_official)がシェアした投稿

たとえばエチュードハウス、ミシャなど、韓国ではコスメブランドごとに店舗を構えているのが特徴的ですよね。
観光客としては、装飾のかわいいコスメブランドの店舗に引き寄せられてしまいますが、
韓国のドラッグストアこそ訪れて欲しいスポット!!
ソウルの地元っ子はドラッグストアで売っているコスメを愛用していることが多いのです。

韓国の有名なドラッグストアといえば、「Olive young(オリーブヤング)」や「Lohbs(ローブス)」。
ソウルであればほとんどの駅で見かけることができるので、ぜひチェックを!

おすすめの韓国パック、ベスト3!

それではいよいよ、私的おすすめ韓国パックを厳選して3つご紹介します!
どれも自信をもっておすすめできるアイテムばかりなのでお見逃しなく。

I’m sorry for my skin

choaさん(@choa_kosme)がシェアした投稿


1つ目の韓国パックは、「I’m sorry for my skin(アイムソーリーフォーマイスキン)」。
パックにはそれぞれビール、チョコレート、コーヒー、タバコなどのテーマがあります。これらは一般的に摂りすぎると肌によくないと言われているものですよね。
このパックは、たとえばビールを飲みすぎた日、チョコレートを食べすぎた日に
「私の肌よ、ごめんね……このパックでしっかりケアしてあげるから許してね」
という意味が込められているのです。

シートマスクそのものにはジェル状のトロトロとした液がついていて、肌にたっぷり水分と栄養を与えてくれます。
パックした次の日は肌の調子がかなり良好!心身ともに疲れている日や、特別な日の前日に使いたいなあと思いました。
テーマ性が高くて、プレゼントにもとっても喜ばれました。
(※残念ながら現在日本のオンラインで扱っているところはないようです><)

MEDIHEAL

メディヒールのパック
続いて2つ目は、今韓国でもっともポピュラーなパック「MEDIHEAL(メディヒール)」。
韓国の皮膚科と共同に作られ、低刺激のパックとして認められています。
そしてMEDIHEALの大きな魅力のひとつは、豊富なパックの種類!
ホワイトニング、コラーゲン入り、お肌にハリを与えるなど、それぞれのパックは得意分野を持っているので、
自分の欲しい効果に合わせて選ぶことができます。

メディヒールのパック液

パック全体に美容液がたっぷり染み込んでいて、パックを取ったあともしばらく乾燥しません。
ただ全体的に重みのあるパックなので、夏よりも冬の保湿に向いているように思います。

明洞にブランド専門店舗を構えていますが、ドラッグストアやコンビニにまで販売されているので手軽にゲットできるのも嬉しいところ。
ちなみに、私のお気に入りパックは「R:NA」のホワイトニングマスク。しっとりとしていて、モチモチ感が長く続きます。


いろんな種類を試してみたいなら、各パック2枚ずつ入っているセットがおすすめです^^


Face in Face

feceinfaceパック
3つ目は、パッケージがレトロで可愛らしい「Face in Face(フェイスインフェイス)」シリーズのパック。
フェイスインフェイスのパックは、白いシートでなく透明なフィルムのようになっています。

ぷるっぷるのパックは、付けていて本当に気持ちがいい!シートについて美容液がすーっと肌に入っていきます。
重すぎないので、夏場の使用もオススメです。
こちらも同様にドラッグストアで手に入れることができます。


日本にはない、韓国パックを楽しんで!

いかがでしたか?韓国全般として潤い重視、しっとり系のパックは多いですが、今回紹介したパックはとくにオススメです。
韓国パックの入門編として、ぜひご活用くださいね^^

関連記事

ページ上部へ戻る